久しぶりに相方に会った。相方は驚く程の頑張り屋だ。


747 :なごみ1/2:2007/02/19(月) 11:53:59 ID:YlrxxLNb0
久しぶりに相方に会った。
相方は驚く程の頑張り屋だ。
俺が仕事をテキトーにこなしている横で、相方はいつも全力投球だ。
そんな相方だから、上の人間からも可愛がられる。ピンでの仕事もジャンジャン入っ てくる。
フットサルだのスキューバダイビングだのバンジージャンプだの、休む暇も無いくら いに
次から次へと、顔色が悪くなるまで働いている。
俺はと言えば、相方が一人で仕事をしている間は完全にオフだ。
パチンコに出かけたり、朝からずっと飲んでたり。
時々そんなだらけきった自分を客観視してしまい、ひどい自己嫌悪に陥る。
そしてその自己嫌悪から逃れるために、全てを頑張り過ぎの相方のせいにする。
昨日もそんな一日だった。
だから今は、正直言って顔を合わせたくなかった。
「今日も頑張ろうな」
にこやかにそう言う相方と、なるべく目を合わせないようにしてスタジオに入る。
「俺の場合は『今日も』じゃねえんだよ・・・」
酒が抜け切っていない俺は、案の定ミスを連発した。
台詞を噛み、段取りを忘れ、出演者の名前まで間違えた。

748 :なごみ2/2:2007/02/19(月) 11:55:16 ID:YlrxxLNb0

赤い顔で目をクルクルさせながらミスを繰り返す自分の姿は、惨め過ぎて逆に笑える ほどだった。
収録後、ディレクターに散々嫌味を言われて楽屋に帰ると、相方に思い切り頬を引っ 叩かれた。
当然の仕打ちだと思った。いっそ死ぬまでぶん殴って欲しかった。
「俺もうこの仕事辞めるわ」
言い終わらないうちに二発目が飛んで来た。
「俺にはもう・・・」
「ポンキッキは!! お前がいてくれるから面白いんだ!!
だから・・・だから・・・!」
相方は泣いていた。泣きながらもう一度俺の頬を張った。
泣くようなことかよ。クズが一匹、お前の前から姿を消すだけだろ。
そんな台詞を思い浮かべながらも、俺は心底嬉しかった。
俺は足手まといでしかないと思っていた。
とっくに見放され、軽蔑されているものと思っていた。なのに・・・。
「目ぇ・・・覚めたわ・・・」
相方の顔がぱぁっと明るくなる。
その顔を見て俺は頷き、大きく息を吸い込んだ。
「がんばりますぞー!!」
心の中の闇が完全に晴れた、そんな気がした。

元記事:http://ayacnews2nd.com/archives/52122699.html (2018-01-20 15:10:02)
タグ:
この記事のURL:
トラックバックURL:

コメントする