ベッドの上に正座した彼がいた。


213 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/30(木) 02:31:46.73 ID:talwQLV9P
長文失礼します。

彼とは前日にくだらないことで喧嘩したばかりだった。
意地っ張りだったからメールも全て無視してたんだけど、彼からのしつこい電話に
痺れを切らして出てみると「●●ホテルに来てくれる?着いたら電話してよ」とのこと。

私は外資ホテルがとにかく大好きで、一泊だけ1人でホテルに泊まったり、よく母とホテルの
レストランにお食事に行っていたりもしたから、仲直りでレストランを予約していてくれたのかな?と思った。
ホテルに到着したので彼に電話してみると、フロントでカードキーを受け取って部屋まで上がってきて、とのこと。
なんなんだろう?と思って部屋に入ると、真っ暗な部屋にキャンドルがいっぱい灯してあって、
ベッドの上に正座した彼がいた。笑

「俺が悪かった。すっごく反省してる…本当にごめんね。それで…あの……謝罪のスライドショー作ったからみてよ」
と今にも泣き出しそうな彼。
まず謝罪のスライドショーって何なのwwと思ったんだけど、笑いをこらえつつ見てみたら、
彼らしい可愛い子供っぽい魅力がいっぱいだった。

もう本当に下らない内容で、文章は本当に俺が馬鹿でごめんね、怒らせちゃったよね、とかなのに使われてる写真は
二人にしか分からない面白いネタとか二人で撮った写真とかで、笑えてきちゃって怒っているのが馬鹿らしくなってしまった。
それと同時に、私は本当にこの人がすきだなあ、と思った。

「許してくれた?今日は朝から○○(私)が好きそうなキャンドルとかいっぱい探しまわって買ってきて、
スライドショー作って、好きそうなホテル予約して、どうしたら喜んでくれるかなって考えたんだよ」
と言われて、本当に嬉しくて涙が出てきた。
彼の指を握ったら、煙草を吸わないのでライターを使い慣れてない彼がキャンドルを灯すときに
やけどしたらしい痕があって、無性に愛しくなった。

普段は海外と日本での遠距離でなかなか会えなくて寂しいけど、冬休みにまた会えるのが楽しみ。
同い年なのに年下みたいで、犬みたいに喜怒哀楽の分かりやすい優しい彼が大好きです

元記事:http://honwaka2ch.livedoor.biz/archives/5880379.html (2012-08-31 11:06:09)
タグ:
この記事のURL:
トラックバックURL:

コメントする